ハイハイの形はなおすべき?【8ヵ月育児教室】

今日は「ハイハイの形がちょっと違う」という8ヵ月のY君が来てくれました。

片足が立ってしまうハイハイで、

あまり長くは続かず途中ですぐに座ってしまいます。

 

こういったちょっと違うハイハイになってしまう赤ちゃんは

時々お見掛けしますが、

既に自分の意志をもって目標に向かい

自分であみだした方法によって移動しているので、

この形をなおすのはとても難しいアセアセ

 

「左右の偏りがないことが大事」

「ハイハイは必ずやってから歩いた方がいい」

 

というように

筋肉の使い方や発達の順番を重視する考えがある一方で、

 

「そもそも治す必要なんてない!」

「ハイハイなんてしてもしなくてもどっちでもいい!」

「それも個性のうち!」

 

という考えもあったりします。

 

ハイハイしていなくてもスポーツ選手になれるだろうし

ハイハイしていても体が硬くて不器用な人もいるだろうし

その後の長い年月で

体の使い方や姿勢、運動の経験、興味・・・

様々なことが影響するわけで、

 

ハイハイしたかどうか

正しいハイハイをしたかどうか

ということで、その後の人生が決まるわけではありません。

 

ただ、

どうしてそうなった?という原因を考えてみるのは

今後の赤ちゃんの体づくりにおいて役立つ気がします。

 

それにはママと一緒に

発達の経過を振り返ってみることが必要。

 

Y君の場合、

うつぶせが嫌いであまりやらなかった

寝返りが片方しかできていない

・・・

などがわかりました。

 

4~6カ月のあたりで

経験できていない動きがいろいろありそうです。

 

例えば

転んだ時にちゃんと自分の身を守れるかなはてなマーク

と考えると、

近々歩き始めるまでに

少しでも抜けてるピースを埋めておく方がよい気がします。

ハイハイの形が治る治らないではなく・・・。

 

今日はいろいろな遊びをやってみました。

訓練になってしまってはお互いに辛くなるので、

ママが焦らないことがまず大事。

Y君がどんなものに興味を示すのか、

Y君の反応を見てママも楽しみながら取り組めるといいですねスター

 

Y君&ママ、

今日は寒い中お越しいただきありがとうございましたニコニコ